イギリス通貨ポンドの預金:ドル預金の賢い運用方法

イギリス通貨ポンドの預金

外貨預金やFXをやられている方にとって、
イギリス通貨ポンドはとても魅力的である反面またリスキーな通貨ではないでしょうか。

魅力的と言うのは、まず第一にスワップポイントが高いと言う事です。
そしてもうひとつ値動きが激しいという特徴があるということです。

例えば、買いから入ってそのまま上昇し続ければ、、、
スワップポイント為替差益のダブルで利益を得るチャンスが比較的あります。

そのため、ポンドの魅力に取りつかれポンドにばかり投資をする人もいるようです。 ただしその反面、下落し続けるとこれほど危険な通貨はない。という一面もあります。

利益が出ていたと思ったら、値動きの激しさからあっという間に損失になってしまった。。。 そんなケースも大いにあります。 実際に、ポンドはかつてヘッジファンドによる仕掛け売りにより大暴落を経験した通貨でもあります。

そもそも、ポンドと言うのはイギリスの通貨です。
イギリスという国はEUの加盟国でありながら、ユーロ(ヨーロッパ統一通貨)の加盟をしていない国です。

そのため、通貨としての国際的な価値は以前と比べ低下しているものの、
前述した、金利や値動きといった通貨の持つ性質からFXでは比較的人気のある通貨です。

このように通貨によって、その通貨特有の性質があるため、
金利が高いという理由だけで預金を始めないほうがいいです。

そういった意味で、イギリスポンドは為替リスクを十分考慮に入れて、
リスクをある程度想定できる外貨預金経験者向けの通貨ではないかと思われます。

通貨の種類


スポンサードリンク
プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。