預金保険制度が適用されても銀行選びは重要:ドル預金の賢い運用方法

預金保険制度が適用されても銀行選びは重要

預金保険制度は、あまり馴染みのない言葉かもしれません。

そもそも、預金保険制度とは、
いわゆるペイオフのことで、銀行などの金融機関が破綻した場合に、 預金者を保護する目的で作られた保険制度のことをいいます。

仮に銀行が潰れれば、
お金を預けていた預金者にお金を払い戻しすることが出来ません。
そのため、元本1000万円とその利息分は戻ってくることが保障されている制度です。

銀行が潰れるという事は、我々日本人にはあまり想像がつかないことですが、 アメリカでは銀行が潰れるというような事は意外と珍しいことではありません。

そのため、アメリカ人は日本人と比べると資産運用に関して危機意識が強く、
銀行を選ぶ際には、資産を分散するという考え方が一般的に浸透しています。

ドル預金は預金保険制度の適用外となっています。
そのため、仮に銀行が潰れれば、預けていたドル預金はすべてなくなります。 この点ドルで運用する注意する必要があります。

このようなお話をするとドル預金って怖いって思われる方いるかと思います。 しかし、現在のような不況が続く中、倒産していく銀行が今後出る可能性は否めません。

これはドル預金に限ったことではなく、
日本円で預けている銀行でも元本1000万円とその利息以上のお金は戻ってきませんので、 日ごろから資産運用する際に分散する意識は必要でしょう。

日本の場合、付き合いのある銀行や取引先の銀行という理由で、
銀行を選ぶ傾向がありますが、契約する際は、信用力など十分な下調べをする必要があるでしょう。

また対策としては、
リスクを減らすために預けるお金を過度に集中させて運用しないようにすることです。 どの銀行にいくら預けるかなど、預金保険制度が適用される金融商品であってもある程度見極めは必要です。

ドル預金に限らず外貨でお金を預ける場合は、
保険制度の適用は行われませんので、資産運用する際は銀行選びも、大変重要な要素となります。

ドル預金と預金保険制度


スポンサードリンク
プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。