銀行によって金利は違う!?:ドル預金の賢い運用方法

銀行によって金利は違う!?

金利について話していきます。 ドル預金を行う際、まず頭にいれておきたいポイントは、銀行によって金利が違うという事です

これは、臨時金利調整法という法律の対象外となっていることに起因します。 そのため、ドル預金は銀行が独自に金利をつけることが出来るという自由な金融商品です。

さらにもうひとつポイントがあります。 それは、手数料も銀行独自に決定することができるという事です。

この部分は、為替差益以外に預金後に入ってくる利益に大きな違いが出てくるポイントです。 特に前者は、今後の予測部分も含まれるため確実性はないのですが、 金利と手数料は事前に決定することが出来る事項ですので、銀行選びが重要になってくるでしょう。

具体的に傾向として、
現在インターネット専用銀行の普及で、人や場所といった経費がかからないため、 比較的金利や手数料をお客様に還元するインターネット銀行もあります。 このように金利や手数料の優遇を受ける事は、お得に銀行に運用するためには大事なことです。

また、大手銀行も負けじとキャンペーンを開いたり、
有利な金利や手数料を設定することもありますので、日ごろからの情報のチェックが物をいいます。

金利は、日本の場合、ほぼゼロで、普通預金で0.02%、定期で0.15%と極めて低金利が続いています。 一方、アメリカドルの場合は、日本の何倍か、定期預金で約10〜20倍と高金利になっています。 このように金利が高いのがドル預金が人気の理由です。

この金利のお話でも銀行選びは重要だと書いてきました。
やはり、銀行選びで失敗しないためにも取引する銀行のメリットデメリットを見極めるのが一番です。

金利について


スポンサードリンク
プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。