FXで用いるスワップ金利:ドル預金の賢い運用方法

FXで用いるスワップ金利

金利について、今回はFXのスワップ金利について話をします。

FXではスワップ金利と言う言葉が使われていますが、 これは、異なる通貨間の金利差のことを言います。

例えば、現在日本は低金利で金利は無しに等しいですが、 日本円を売って、比較的金利の高いアメリカドルを買うことで、金利差額調整分を受け取ることが出来ます。

100万円を持っていたとしても、円のまま銀行に預金していも、 お金が全く増えない状況ですが、預金対象通貨を日本円ではなくドル換金すればどれだけ有利に預金出来るでしょうか。

金利は日本とアメリカでは比べ物にならないくらいの差が付いていますから、圧倒的にアメリカの銀行に預けていた方がお得です。

スワップポイントとはこの金利差のことをいいます。

具体的には、仮に10万ドル円売りドル買いというポジションを1年間持ったとすれば、 一日で1500円程度のスワップポイントを受け取ることが出来ます。一日で1500円であれば1年間では約50万円程度です。

この金利差を利用してスワップポイントを受け取る事ができれば有利にお金を増やすことが出来ます。

しかし注意が必要なのはスワップポイントは受け取るだけではないということです。 ドルを売り円買いという反対のポジションを持つケースでは金利差が反対になります。 そのため、逆にスワップポイントを支払う必要が出てくるということです。

金利について


スポンサードリンク
プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。