三井住友銀行のパーソナル定期預金:ドル預金の賢い運用方法

三井住友銀行のパーソナル定期預金

三井住友銀行の場合、1ヵ月〜1年の定期預金と普通預金が用意されています。

三井住友銀行が用意しているドルで運用できる商品を紹介していきたいと思います。
まずパーソナル外貨定期預金がそれにあたります。
パーソナル外貨定期預金とは三井住友銀行のドル運用商品の中でも最低預け入れ額が 少なく始められる商品で、日本円にして10万円相当額以上から始めることができる商品です。

期間は、1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年の5種類から選ぶことができ、
その点から考えると短期的にドル預金を行う方に適している商品だといえます。

この商品の特徴としてリアルタイム為替レートの適用を行うことができる。
と言う点が魅力のひとつです。

リアルタイム為替レートの適用とは、平日の夜間でも24時間、いつでもどこからでもパソコンや携帯電話でお取引が可能な商品です。

さらにインターネットを使うことによって、手数料も片道50%割引きになります。 例えば、三井住友銀行の場合アメリカドルでは店頭、電話での手数料は1円かかります。 インターネットの場合、50%引きの0.5円で済むので三井住友銀行でドル預金を考えている方は、 検討するのも言いかと思います。

ただし、インターネットでのシステムメンテナンスの都合上、日曜日21時〜翌月曜日7時はお取引できない、 10万米ドル相当額以上の場合、テレホンバンキング(オペレータ)のみのお取扱いとなるなど、ある程度注意点があります。

とは言っても、手数料半額、リアルタイムトレードできる点はやはり魅力的です。

そのほかにも特定の条件を満たせば、ドル預金の定期金利に年間0.2%上乗せになったり、 さらに、普段から三井住友銀行を利用している方であれば、SMBCポイントバックを使うことによって、 パーソナル定期預金の金利を店頭表示金利プラス0.2%という特典もあります。

ドル預金をFX業者ではなく普段使い慣れている三井住友銀行で取り敢えず少額から始めようと思う方は まずは、パーソナル定期預金を検討されてもいいかもしれません。

三井住友銀行の場合


スポンサードリンク
プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。