シティーバンク外貨キャッシュカードで引き出し:ドル預金の賢い運用方法

シティーバンク外貨キャッシュカードで引き出し

引き出しを行う場合、海外で現地通貨として使用するケースが考えられるという話をしました。

では、具体的に引き出しを行う場合、どのようなサービスを利用することでお得にドルの引き出しを行うことができるのか。

ひとつは、もうお馴染みとなったシティーバンク外貨キャッシュカードでの引き出しでしょう。

このシティーバンク外貨キャッシュカードを利用し、日本国内でのドル預金口座を開設しそこにお金を預けることで、 例えばアメリカに旅行に出かけた場合は、現地で手数料なしでドルを引き出すことができます。

このシティーバンク外貨キャッシュカードは、前述のソニー銀行のMONEYKitグローバルと異なり、 サービスを受けるのに手数料がかかりません。

またキャッシュカードを作成する際にもお金はかからないので、手数料などの面から見てとても便利なサービスといえるでしょう。 さらに外貨普通預金口座に預けているので、現地で引き出しを行うまで金利がつくというのも魅力的です。

ドル預金の場合、例えば特約付き定期などは、満期日に判定レートよりも為替が円高になればドル償還されます。

ドルで保有している時点では含み損の状態で損失は確定していませんから、 こういったドルで保有している資産を海外に行った時に引き出し手数料なしで活用することが出来れば ある程度含み損をカバーすることができます。

ドルのまま引き出しは可能?


スポンサードリンク
プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。