横浜銀行の外貨普通・定期預金:ドル預金の賢い運用方法

横浜銀行の外貨普通・定期預金

普通・定期預金など横浜銀行でドル預金をする場合は、前述した「はじめよう!外貨預金キャンペーン」でまずはキャンペーンにお申し込みすることから始めるのがお得な方法のひとつになります。そしてその際にはまぎんマイダイレクトにお申し込みします。はまぎんマイダイレクトは、はじめよう!外貨預金キャンペーンでの対象になりませんが今後横浜銀行で外貨普通口座を持つのであれば、手数料と機動性において有利になります。

では、外貨普通口座、あるいは定期預金口座はどの程度の金利があるか。
もちろん金利は市場の動向により異なってきますが、現段階において平成23年1月4日店頭表示金利の場合米ドル年0.10%(税引後年0.08%)となります。一方、定期の場合(自動継続外貨定期)は期間が1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年とあり、期間に関わらず普通口座と同様0.10%(税引後年0.08%)となります。
手数料も普通、定期どちらも片道1円往復2円となります。時期によって金利が異なるので、横浜銀行のホームページや窓口で確認すると良いでしょう。

利払いにつきまして、普通預金は毎年2月と8月の横浜銀行の所定の日か解約時に支払いが行われます。定期口座の場合は、満期日後に一括して支払いが行われます。現時点では普通・定期共に利率は同じなので、機動的に取引できるという点を考えると普通の方が取引しやすいように考えられます。(時期によって金利は変わりますのでご注意下さい)

横浜銀行


スポンサードリンク
プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。