楽天銀行の金利優遇:ドル預金の賢い運用方法

楽天銀行の金利優遇

金利優遇が楽天銀行では、お預け入れ金額と残高金額で適用されます。
どの程度優遇される制度なのか?話をしたいと思います。楽天の外貨普通口座をお持ちの場合、米ドルの金利は0.05%です。都銀などが0.01%程度だということを考慮に入れると既にある程度、金利優遇されている状態だといえます(2011年2月現在)。
また、定期につきましては1ヶ月ものが0.06%、2ヶ月ものも0.06%、3ヶ月ものは、0.07%、6ヶ月ものは0.08%と高くさらにお預けする期間に応じて上がるのでこの点についても、お預け期間に関わらず金利が一定の都銀と比べると優遇されているといえるでしょう。

さらに楽天では、お預け入れ金額に応じて上乗せするお預入金額金利優遇があります。これは、4段階あり、お預け時に100,000通貨以上の場合、最高の上乗せ0.15%が適用されます。
また、お預入金額金利優遇とは別に当月の25日(残高優遇ランクの確定日)までの残高がSランクの場合、最大0.15%金利優遇される残高ランク金利優遇があります。
例えば、お預け入れ時に100,000通貨以上でさらに、残高がSランクであれば、0.15%+0.15%=0.30%が上乗せされます。仮に期間を6ヶ月に設定すれば0.38%となるためかなりお得になります。
さらに楽天は、手数料も片道25銭と都銀と比べて4分の1程度です。金利優遇を考慮に入れなくとも、利率の高さ、お預け期間に応じて高くなる点、為替コストが安いという点でも魅力的だといえるでしょう。

楽天銀行


スポンサードリンク
プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。