ドル預金はじめる方法:ドル預金の賢い運用方法

「ドル預金はじめる方法」



ドルでお金を預ける方法は日本と同じ

ドル預金を始める方法について説明します。
通常、日本でお金を預けようとした場合、まずは銀行に口座を開設しますね。 ドル預金を行う場合もこれと同じ方法です。

口座を開設するために必要なものは身分証明証印鑑預けるお金です。 これを持って窓口に行きます。

一見、ドルで預金するなんて敷居が高いと感じる方が多いですが方法は意外と簡単ですね。 日本における口座開設方法と違いはありません。

そして、いったん口座を開設してしまえば、ATMやインターネットでの取引も可能になります。

ただし、預けるお金はドルですので日本における預金の場合と異なり注意しなければいけない事や規則もあります。

注意するポイントとして、
  • 世界状勢にも大きく左右されるものなので下調べを十分にし始めるタイミングを考える必要がある
  • 銀行によって、手数料や金利、サービスの内容が大きく変わる。
  • 手数料の問題(後に述べますが手数料については要注意です。)
  • 通貨選び

通貨選びに関して、まずはこのサイトのタイトルでもあるようにドルでの預金がお勧めです。 理由は、他の国の通貨と比べて情報が入りやすいとからです。

また、海外旅行で円をドルに換金した経験がある方も多いのではないでしょうか。 ドル預金のような外貨で預ける場合、為替リスクがあります。 為替変動はその国の経済状況により大きく影響を受ける傾向があります。 そのため、アメリカドルのように比較的情報が入りやすく馴染みのある通過が初心者にとってお勧めです。

日本の預金と異なる点として、
例えばあなたに子供がい..

ドルでお金を預ける方法は日本と同じの全文を読む

ドル口座を開設するには窓口で?

口座を開設し預金をしようとすれば、日本の場合は銀行の窓口に行くのが一般的です。 ドル用の口座を作るのも同じです。手っ取り早く口座を作ろうとすれば、まず始めに窓口へ行きます

しかし、インタネットバンキングといったオンライン対応の銀行では、 郵送で口座が開設できるため、昼間時間がないサラリーマンの方は、このような手段を用いることが出来ます。

このように必ずしも口座を作るのに窓口でなければならないと言う事はないのですが、 初めてのドル預金であれば、手数料や金利、途中解約、TTMといった内容を確認できる窓口の方がお勧めです

はじめのうちは事前に確認することで、その後起こるであろう失敗を未然に防ぐことも出来るかもしれません。

ドル預金を始めるために、窓口で必要になるのが、 印鑑免許証保険証といった身分証明書・預け入れるためのお金が必要になります。

また、ドル預金は外貨ですので、為替リスクといったリスクにより元本割れが起こる可能性があります。 このようにリスクが比較的あるため、口座を開設する場合、未成年では口座を開設できないことになっています。

その他にも、金融商品なので(金融商品取引法などで今はどこも厳しくなっているのですが)、本人以外の取引が行えないと言う事です。 インターネットであれば、誰が操作を行っているかわかりませんが基本的にNGです。

ドル口座を開設するには窓口で?の全文を読む

プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。