メリットとデメリット:ドル預金の賢い運用方法

「メリットとデメリット」



高金利・高利息のメリット

ドル預金のメリットについて話したいと思います。 ドル預金のメリットでもあり一番の魅力は、何といっても高金利・高利息ではないでしょうか。

日本の金利と言うと、銀行にお金を預けていても利息はほとんどゼロに近いです。

そのような中、高金利・高利息は魅力的です。

しかし、ドル預金のメリットはこれだけではありません。

簡単にメリットについてまとめてみたいと思います。

○ドル預金のメリット

  • 日本に比べ高金利高利息商品である。
  • 日本円のインフレ時のリスク分散としての保険となる。
  • トラベラーズチェックに変えることができる。
  • 経済の情報・知識が身につき勉強になる。

日本に比べ高金利高利息商品である事は述べました。
そのほかにもインフレ時のリスク分散があります。

現在は、物の価値が下がりお金の価値が上昇するというデフレの状況です。 そのため、現在はお金の価値が比較的高い状況です。
しかし、現在の日本の財政状況を考慮すると、今後急激なインフレになる可能性も否めません。 もしも、そのような事が起こればお金の本質的な価値が目減りしてしまい、 それと同時に保有している資産も目減りします。

将来のお金の価値の目減りというリスクに備えて、
保有している資産の一部をドルなどの外貨に換金して持っておくことで、 このリスクはその部分に関して回避することができます。

また、普段からドルとして資産を持っておくと、
ニュースや新聞で為替レートや為替情報にも目が行くようになります。

その時々でレートは変更していますので、 な..

高金利・高利息のメリットの全文を読む

デメリットは手数料と為替相場の変動

デメリットについて話していきたいと思います。
ドル預金では、前項で述べたように日本と比べて金利がいいと言うのがポイントでした。

しかし、メリットにばかり目がいくと、ドル預金の落とし穴にはまってしまう場合があります。 このデメリットをよく理解しておかないと、何年も預金していたのに結局利息分も儲からなかった。 さらには、元本割れしてしまった、というケースが出てきてしまいます。

ドル預金で必ず必要になるのは、手数料です。 手数料については今後詳しく話していきますが、デメリットとしてここで軽く触れたいと思います。

ドル預金をする場合、手数料が2往復分かかります。

つまり、円をドルに換金する時とドルを円に換金する時、
この両方にそれぞれ手数料がかかってしまう訳です。

このときの手数料は銀行や外貨の種類によって異なりますが、ドルの場合片道1円かかることが通常です。 この時、預金した金額と比べ手数料の割合が高いとそれだけ満期日に受け取る利息が少なくなります。(差し引かれるので) そのため、銀行の手数料の比較などを事前にインターネットで調べておくと良いです。

もう一つの大きなデメリットは、為替の変動があるということです。

私たちは普段日本で住んでいるので、使う通貨は日本円です。
ドル円の為替変動により、円がドルよりも高くなった場合(円高時)、 実際にドルを円に戻そうとした時受け取る日本円は少なくなります。
反対に、円がドルよりも安くなった場合(円安時)、
実際にドルを円に戻そうとした時受け取る日本円は多くなります。 このように、..

デメリットは手数料と為替相場の変動の全文を読む

プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。