解約のタイミング:ドル預金の賢い運用方法

「解約のタイミング」



解約のタイミングは預け入れ時より重要!?

解約のタイミングについて話したいと思います。
ドル預金の場合、預け入れのタイミングより解約のタイミングが重要となります。

なぜならドル預金というのは、
日本の定期や普通預金のように満期日に利息が上乗せされて支払われるのものではないからです。

つまり、
一定期間預けた後にもらえる利息と、換金する時点での為替レートを加味して支払われるものだからです。 ドル自体、常に世界状勢を背景に動いている変動商品なのです。

解約のタイミングとしては一言で分かりやすく述べると、円安の時に解約するのがよいでしょう。
少し大雑把過ぎたでしょうか。。。

ただし先程にも述べた様に常に変動する商品なので、
欲を出してもう少し円安になってみるのを待ってみようと考えたりしていると 突然、円高になり解約のタイミングを逃してしまうケースもあります。

そのため、慎重になり過ぎてしまったりや欲の出しすぎには注意が必要です。 きちんと事前に自分なりのルールを決めておくのもポイントですね。

このようにドル預金は、時に解約のタイミングを待たなければならないケースもあるのです。 すぐに儲けが欲しい人にとっては向いていない商品と言えるでしょう。

ある程度のゆとりが大切です。

現在、ドルは安くなって歴史的安値である79円を割ろうとする意見も多く聞きます。 昔からドルを資産として銀行に預けていた人に取っては大損な一方、 これからドル預金をはじめる人に取っては比較的はじめやすくなっています。
このようにいつ初め、いつ解約するかによって損益に大きな影響を与えることに..

解約のタイミングは預け入れ時より重要!?の全文を読む

満期日前の解約は手数料が高くなる!?

もう1点解約のタイミングで注意しなければならない点は、 満期を待たずして解約をすると、通常よりも多くの手数料が取られてしまうということです。

仮に、満期日前に円安になっていて為替差益が出ていても途中で解約すれば、 この利益は手数料によって吹っ飛んでしまう時もあります。

そのため、満期日前に解約する時は、手数料も加味して考えなくてはなりません。 さらに、満期日に円高になれば手数料が多くとられなくとも、為替差損で損を出してしまう時もあります。

この時間的な縛り(ルール)がありますので注意が必要です。

反対に、解約前でも円安の幅が大きければ手数料を多少取られても利益は出ますし、 解約時に円安になっていれば、金利に加え為替差益も得られるという事もあります。

やはり、ドル預金を開始する前にある程度長期的なスパンで為替の動向をみて、 計画的に預金をする方がいいですね。

そのためには普段から新聞やニュース等で情報を収集したり、 インターネットで外貨預金を実際に行っている人ブログサイトをみて知識をつけるのも手です。

いずれにせよ、ドル預金にせよ、外貨預金にせよ 日本の財政状況を考えてみるとこのまま円で持ち続けていいのか。 という不安から出発していますので、ある程度自分自身で調べて知識をつけ判断できる必要があります

一昔前では自己責任と言う言葉はここまで強く意識されていなかったのですが。

満期日前の解約は手数料が高くなる!?の全文を読む

プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。