通貨の種類:ドル預金の賢い運用方法

「通貨の種類」



何でドルには様々な通貨の種類があるの!?

『ドルという通貨の種類』キーワード「ドル 通貨 種類」

ドル預金をする時には、当然ですが、
どの通貨を使って取引をするのかを決めなくてはいけません。

ひとくちにドルと言っても、様々な種類があります。

例えば、種類として、ニュージーランドドルオーストラリアドルカナダドル香港ドル台湾ドルシンガポールドルなどがあります。

違う国なのに様々な種類のドルが存在するのは、実は歴史的背景がひとつの理由です

ドルというと、アメリカで使われている通貨だと思う方も多いと思います。
しかしもともと、ドルはイギリス植民地用の通貨として使われていました。
そのため、イギリスから独立した国はその名残でドルと言う通貨を今でも使っているのです。

そのため、様々な種類のドルが存在します。
もちろん、通貨価値は違いますし、為替レートも違います。

ドル預金で使う通貨には、それぞれ特徴があるので、
それを理解して、またその国のことも知った上で始めることが望ましいです。

そのほかにも、外貨預金で使われる通貨として、
イギリスのポンドや南アフリカのランド等があります。

ここでは今人気の通貨について預金だけでなくFXの視点からも 説明を加えていきたいと思います。

何でドルには様々な通貨の種類があるの!?の全文を読む

アメリカドルはお勧め通貨

アメリカドルは、外貨預金初心者にお勧めな通貨です。

それぞれの国の通貨には特徴があるので、
それを理解して、またその国のことも知った上で実際に預金を始める方がいいです。 アメリカドルは馴染みがあり、とっつきやすい通貨としてお勧めです。

第一に他の通貨と比べ情報が多く、
ニュースや新聞でも為替の値動きやレートが頻繁に公開されていますので、
初心者にとっては比較的アメリカドルは始めやすい通貨ではないでしょうか。

また、実際にドルを手にしたり目にしたりしたことがある人が多いという点で、 親しみがある通貨だと言えるでしょう。

金利の面でも、アメリカドルの場合割と高く設定されています。 これは、FXでドル・円の買いポジションから入った場合のスワップポイントも同様です。 そういった点でもメリットがある通貨だといえるでしょう。

ドル預金に慣れないうちは、いくつもの通貨に分散するのではなく、 (資産運用の面では分散がいいのですが)まずはその国の通貨の持つ 値動きなどの特徴や癖を知り、ひとつ一つ詳しくなる事が望ましいです。 そういった点で始めにアメリカドルから入るのはひとつの方法だと思われます。

ただし、初心者にお勧めといっても為替変動によるリスク等はどの通貨もありますので、 100%損をしないという話ではありません。

アメリカドルはお勧め通貨の全文を読む

ニュージーランドのドルでの預金

ニュージーランドドルでの預金について今回は話していきます。

ニュージーランドドルは、
外貨預金あるいはFXなどの為替証拠取引でも最も人気のある通貨のひとつです

なぜニュージーランドドルでの預金が人気なのか。
それは、通貨の値段が安い割りに金利が高いからです。

これは、FXでも同様、スワップポイントが高いために、
FX独特のスワップ狙いの投資家には、とても人気のある通貨です。
オセアニア圏の通過はFX、外貨預金の分野でも特に人気がある傾向があります。

また、ニュージーランドはニュージーランドの国鳥のキーウィという愛称でも知られています。 ちなみにこのキーウィという言葉はニュージーランド人という意味をもち、 その言葉に侮辱的なニュアンスは含められていません。

為替の世界でのキーウィという言葉は、ニュージーランドドルを意味します。 通貨の特徴として、オーストラリアに距離的にも近いこともあり、 オーストラリアドルと同じような動きを示します。

国の貿易相手国を見てみても、
1位がオーストラリア、2位がアメリカ、3位が日本となっており、オーストラリアとの関係が深いためともいえます。

では、価格も安く金利も高いので初心者にお勧めなのか。
というと必ずしもそうとはいえません。

そもそもニュージーランドドルは値動きが荒いという特徴があります。
またアメリカと比べると、政治経済などの情報が入りづらい。とも言えます。

過去にも、他の通貨と異なる動きをしたことが何度もあって、
初心者にとっては、なかなか動きが読みづらい通貨..

ニュージーランドのドルでの預金の全文を読む

イギリス通貨ポンドの預金

外貨預金やFXをやられている方にとって、
イギリス通貨ポンドはとても魅力的である反面またリスキーな通貨ではないでしょうか。

魅力的と言うのは、まず第一にスワップポイントが高いと言う事です。
そしてもうひとつ値動きが激しいという特徴があるということです。

例えば、買いから入ってそのまま上昇し続ければ、、、
スワップポイント為替差益のダブルで利益を得るチャンスが比較的あります。

そのため、ポンドの魅力に取りつかれポンドにばかり投資をする人もいるようです。 ただしその反面、下落し続けるとこれほど危険な通貨はない。という一面もあります。

利益が出ていたと思ったら、値動きの激しさからあっという間に損失になってしまった。。。 そんなケースも大いにあります。 実際に、ポンドはかつてヘッジファンドによる仕掛け売りにより大暴落を経験した通貨でもあります。

そもそも、ポンドと言うのはイギリスの通貨です。
イギリスという国はEUの加盟国でありながら、ユーロ(ヨーロッパ統一通貨)の加盟をしていない国です。

そのため、通貨としての国際的な価値は以前と比べ低下しているものの、
前述した、金利や値動きといった通貨の持つ性質からFXでは比較的人気のある通貨です。

このように通貨によって、その通貨特有の性質があるため、
金利が高いという理由だけで預金を始めないほうがいいです。

そういった意味で、イギリスポンドは為替リスクを十分考慮に入れて、
リスクをある程度想定できる外貨預金経験者向けの通貨ではないかと思われます。

イギリス通貨ポンドの預金の全文を読む

オーストラリアドルで預金する

オーストラリアドルは外貨預金やFXをしている人に、極めて人気のある通貨です。
やはり人気の秘密は、金利が高いことです。

ポジションを持つことによってスワップポイントを受け取ることが出来る。
それがFXでも人気の理由でしょう。

特に前述したイギリスポンドは金利の高い通貨でもあるという話はしました。 オーストラリアドルはこの次にニュージーランドドルと共に金利の高い通貨でもあります。

オーストラリアとニュージーランドをオセアニアといい、
その通貨を一般的にオセアニア通貨といいます。

オーストラリアの特徴として、インフレや原油高に強いと言う事がいえます。

またニュージーランドの話でも出てきましたが、
オーストラリアとニュージーランドは地理的に近いため、為替は連動する傾向があります。

そのため、オセアニア通貨が金利が高いといって両方の通貨を持っていた場合(預金していた場合)、 為替が同じように連動することで、通貨が下落する時は預金が大きく目減りするので注意が必要です。

また、ニュージーランドと同様オーストラリアは情報がなかなか入手できませんので、 安易な気持ちでこれらの通貨を選び預金するのは避けた方がいいでしょう。

預金をする前には、オーストラリア産の農産物、原油の情報などを見ておくと役に立つかもしれません。

オーストラリアドルで預金するの全文を読む

南アフリカの通貨ランドでの預金

南アフリカと言うとあなたはどのようなイメージがありますか。

南アフリカは、かつてアパルトヘイトと呼ばれる差別政策を取っていた イメージが強く残っているので経済が停滞しているようなイメージが ある方も多いかと思いますが、

しかし、ここ最近ではそのイメージは変わってきているようです。

南アフリカの通貨はランドです。1南アフリカランドは何円。 という為替レートですが、2010年において1南アフリカランドは約10円程度です。

最近では、G20に参加したり、FIFA2010ワールドカップの開催国であったりと、 イメージが以前と比べ良くなってきている国です

南アフリカの特徴として、地下資源が豊富、とりわけや、ダイヤモンド、 プラチナは世界有数の埋蔵量で知られています。

そんな南アフリカの通貨であるランドが、注目されるのは、
金利の高さとともに、その圧倒的な価格の安さにもあるようです。

ただし、経済的な不安として失業率の問題や物価上昇率の高さなどの
懸念材料があるため、今後必ずしも通貨が大きく上昇するかは定かではありません。

また、ランドは安いため、その値幅の変化の割合は大きく、 それが大きく儲ける可能性もある反面、大きく損をする可能性もあるという 比較的博打的な要素も兼ね揃えている通貨ではあります。

南アフリカのランドは最近ではFX取り扱い会社でも、 扱われるところが多くなってきました。

預金として、ランドを扱っている銀行は、東京スター銀行や 新生銀行などでも取り扱っているようです。

金利スワップ、為替の値..

南アフリカの通貨ランドでの預金の全文を読む

プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。