税金について:ドル預金の賢い運用方法

「税金について」



確定申告する必要がある税金

税金はドル預金を行っていてもかかるものなのでしょうか?

このような疑問もあるかと思います。税金はドル預金でもかかります。

ふた通りのパターンで税金がかかります。

ひとつめは、金利部分にかかる税金です。

これは、通常の預金でも同じで所得税としてかかる税金になります。
具体的には、国税が15%、地方税が5%合計20%の源泉分離課税がかかります。 これは、源泉ですので確定申告を行わなくとも、預金をおろす際に自動的に 取られる税金です。これがひとつ目です。

もうひとつは、為替差益にかかってくる税金になります。
税金の種類として雑所得として扱われ、総合課税の対象になります。 これはお金をおろした時に自動的に徴収される税金ではないため、 確定申告をして申告しなくてはなりません。

ただし、条件があり、給与所得が年収2000万円のサラリーマンといった方で、 ドル預金などのキャピタルゲインの合計が1年間に20万円以内であれば、 申告をする必要がないわけです。

ドル預金などのキャピタルゲインが20万円を超えるようであれば、
取引先の銀行へ行って、為替差益といったキャピタルゲインを証明する書類をもらいに行きます。

逆に為替差損が発生していた場合でも、利益と通算することが出来ますので、 利益が出ようが出まいがこの証明書をもらっておいた方がいいでしょう。

いずれにせよ、預金を引き出す時に、税金が取られているので、
一見、忘れがちですが、為替差益の税金を払い損ねることのないように注意する必要があるでしょう。

確定申告する必要がある税金の全文を読む

雑所得と確定申告

ドル預金の税金について話をもう少し加えたいと思います。

税金は利益が発生した時に支払うものです。
そのため利益が出ていない場合は、基本的に確定申告する必要は有りません。

しかし、税金の分類される種類によって 損益通算できる場合もあるのでその場合は個人の判断で行います。

通常、ドル預金などから発生する利益には、利子所得が考えられます。

利子所得の場合、源泉分離課税として所得税15%住民税5%計20%の税金がかかります。

これは定期の満期日や解約時に決定されるもので、
基本的に自動的に税金が引かれて手元に入りますので確定申告をする必要はありません。

では次に、商品によっては満期日のレートを決定した商品があります。

つまり為替予約をしている場合などが
これにあたるのですが、このようにレートを設定している場合は、

雑所得として扱われこれも先ほど同様、
源泉徴収で所得税15%住民税5%計20%の税金が自動的に差し引かれて手元に入ります。

しかし、レートを設定していない場合は異なります

その場合は、雑所得として総合課税されます。
所得税は5%〜40%の超過累進税率が適用されます。この場合、税金が差し引かれて手元に入るわけではありませんので、確定申告する必要があります。

また、レートを設定していようとしていまいと為替差損が出た場合は雑所得として扱われます。
雑所得があなたにあればそれと相殺することも可能です。

雑所得と確定申告の全文を読む

プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。