みずほ銀行:ドル預金の賢い運用方法

「みずほ銀行」



みずほ銀行ATMで手数料を安く

みずほ銀行でドル運用できる商品には外貨普通預金定期預金特約付き外貨定期預金があります。 みずほ銀行で最もお手軽にドル預金が出来る商品はやはり外貨普通預金でしょう。

この商品は、みずほ銀行だから特別にいいというわけではなくどこの銀行でも一般的に取り扱っている商品ですね。 簡単に説明すると1通貨単位以上からのお取引が可能、解約する期間の定めもなく、随時お預け入れ、払い戻し可能。 また、手数料はドルを円に換金する場合(引き出し)1円、円をドルに換金する場合(預け入れ)1円、 金利も0.01%と他の銀行と比べても変わりありません。

ただしこの手数料に関してですが、みずほ銀行には、ATM外貨預金振替サービスというのがあり、 みずほのATMで円からドルへ振替える場合、反対にドルを円に振替える場合、 手数料が窓口1円であるのに対し60銭と40銭安くなります

みずほ銀行のキャッシュカードを持っている方は窓口ではなくみずほのATMを利用するとお得です。

ただし、この場合のATMで利用できるキャッシュカードとは、円預金のキャッシュカード、 総合普通預金、貯蓄預金となります。また通帳を併用した取引は利用できません。 いち操作あたりの金額制限もあり、1,000 円相当額以上500 万円相当額以下となっています。 また一日あたりの金額制限は10 万米ドル相当額未満です。

みずほ銀行ATMで手数料を安くの全文を読む

みずほ銀行の金利キャンペーン

みずほ銀行の外貨普通預金について前節では話をしました。
今回はみずほ銀行のお得な金利プランをご紹介します。

これから説明する金利キャンペーンは、
時期によりみずほ銀行だけでなく様々な銀行で行っていますので、
今後のご参考にして頂ければと思います。

みずほ銀行のお得な金利プランは期間限定のお得プランです。

具体的には、2010年10月1日(金)〜2011年3月31日木曜までの間に、
外貨定期預金に(初回に限り)お申込みした方が対象となります。

どれくらい金利がお得かと言うと、、、
通常、外貨の定期預金でドル運用した場合、金利は店頭表示金利が適用されます。
みずほ銀行では現在の目安として米ドル定期の場合、年率0.03%(1ヶ月もの)です。

期間限定のキャンペーンにお申し込みした場合、当初の預入時の適用金利が 1ヶ月もので年率8.0%、2ヶ月もので年率4.0%、3ヶ月もので年率3.0%とかなり 金利が高くなっているのが判ります。

もちろん、条件として、1ヶ月もの、2ヶ月もの、3ヶ月ものから選びますので
1ヶ月ものが年率8.0%と記載してあっても、適用されるのは1ヶ月間なので、8.0%の金利を12で割った分になります。 1ヶ月を過ぎて継続してドルを預ける場合は店頭表示金利となります。

とはいえ、かなりお得な金利設定だとは思いませんか?

これからドル預金を始める方にはみずほ銀行のキャンペーンも検討されてはいかがでしょうか。

またみずほ銀行では、条件として一契約当り50万円以上相当額以上、 また、みずほダイレクトを..

みずほ銀行の金利キャンペーンの全文を読む

みずほ銀行の特約付き外貨定期

みずほ銀行の特約付き外貨定期預金について説明します。

みずほの特約付き外貨定期預金の目的をひと言で言うと、
為替差益を狙わずに金利を純粋に求めている方向けの商品です。

みずほ銀行の特約付き外貨定期預金には、
ワンポイントエクストラ(ゼロバリア)という種類に分かれています。

ここではエクストラの例を用いて仕組みを分かりやすく説明します。

みずほ銀行の特約付き外貨預金エクストラの場合、
まず基準となるレートが3つ有ります。

ひとつは作成相場受渡相場判定相場といわれるものです。

作成相場というのは、特約付き外貨定期にお申し込みをする時の基準となるレートで、 実際に円をドルに換金した時の相場レートです。

受渡相場と言うのは、満期日に受け取ることが出来る時に適用される相場レートになります。

エクストラといわれる商品は、作成相場と受け渡し相場が同じに設定されている商品です。 そのため、満期日に特約付き外貨預金エクストラにお申し込みをした時の 為替レートでドルを円に換金することが出来るということです。

通常、為替レートよりも円高に進めば損失になりますし、円安に進めば利益になります。
みずほ銀行でドル預金をしようとした場合、窓口に行って円をドルに換金します。 この時の作成相場よりも為替変動リスクで円高に進んだとしても、 作成相場の時のレートでドルを円に換金することが出来ればリスクはなくなりますよね?

特約付き外貨定期預金では、この円高方向に進んだ場合のリスクを一定の範囲内で回避できる商品です。 つまり「ある程度円高..

みずほ銀行の特約付き外貨定期の全文を読む

口座開設後のお得な換金方法

みずほ銀行での口座開設をした場合のお得な換金方法について具体的に話をします。

みずほ銀行ATMで手数料を安く」でもATMを用いた為替手数料割引きについて話しました。
では、実際に口座を開設したらどのような時に外貨普通預金口座の資金を円預金口座に振り替えを利用するのか? ということです。

みずほ銀行の特約付き外貨定期預金を例に話を進めましょう。
この商品は作成相場よりも満期日に為替が円高となってドル償還になる事があります。

つまり特約付き外貨定期預金は、判定相場よりも円高になれば、
円で換金されることなく、ドルのまま金利を加えて外貨口座にお金が振り込まれて戻ってくるわけです。

しかしながら、ドル償還の場合は為替差益によって含み損が出ている状態です。

このような場合、為替が円安になるのを待って、タイミングを見計らってドルを円に換金する必要が有ります。

この場合、日々為替をチェックして円安のタイミングで換金するのですが、
ひとつお勧めの方法として、みずほ銀行外貨普通預金口座を開設しているのであれば、
ATMを利用する方法が一番お得な換金方法です。

通常ドルを円に換金する方法として窓口が考えられます。
その場合手数料は1円かかります。しかし、みずほ銀行のATMの場合40銭安くなります。

例えば、もし特約付き外貨定期預金でドル償還になったとして、その後円安になるタイミングを待っていたとします。 そしてそのレートが1ドル100円の円安になった時に換金しようと考えていたとします。

その後1ドル100円になってドルを円に換..

口座開設後のお得な換金方法の全文を読む

プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。