銀行比較:ドル預金の賢い運用方法

「銀行比較」



銀行金利比較

銀行の金利比較を以下に記載します。

以下の金利比較は、2010年11月現時点におけるもので一般的な外貨定期預金の金利比較を行ったものです。
キャンペーン時の金利の比較や個別商品の比較ではありません。

また時期により比較されている金利に違いがでます。
そのため全体的な傾向をつかむために参照頂ければと思います。

銀行
一ヶ月
三ヶ月
6ヶ月
一年
三井住友
0.01
0.01
0.01
0.01
みずほ
0.03
0.03
0.03
0.03
三菱東京UFJ
0.01
0.01
0.01
0.01
シティーバンク
0.06
0.07
0.08
0.20
ソニーバンク
0.05344
0.05563
0.0565
0.0559
新生
0.01
0.01
0.01
0.01

比較してみるとシティバンクやソニーバンクの
金利の高さが目立ちますが、実際には、お得なキャンペーンや銀行独自の商品によっては これ以上の金利を、提示している商品がありますので、実際に外貨で預け入れる場合はそれぞれ確認する必要はありま..

銀行金利比較の全文を読む

銀行手数料比較

銀行手数料を比較した場合、
これも前回同様、時期やその時行われているキャンペーンによって上記の手数料比較と異なる場合があります。 それを考慮したうえで上記表は手数料の傾向を比較するものとしてご利用いただければと思います。

銀行
手数料(片道)
三井住友
1円
みずほ
1円
三菱東京UFJ
1円
シティーバンク
1円
ソニーバンク
25銭
新生
50銭

手数料を比較した場合、都銀は横並びで
三井住友、みずほ、三菱東京UFJいずれも片道1円となっており、
選ぶ際には手数料を比較してもあまり意味がありません。

やはりその時行われているキャンペーンや、
個別商品の金利、あるいは身近にいつも利用している等の理由で
商品を購入する傾向があるかと思います。

また、その他の銀行としてはシティバンクは1円と都銀と比較しても変わらないのですが、

新生銀行は都銀と比較してもかなり安いです。
また、2010年12月まで行われているキャンペーンでは片道手数料が10銭ですので そのキャンペーンでお申し込みするのであれば比較するまでなくダントツに手数料が安くなります。
また、預けている金額等に応じたお客別のステージが用意されておりプラチナの場合、随時手数料が大幅に安くなります。

またソニーバンクは、手数料は2..

銀行手数料比較の全文を読む

プロフィール

プロフィール

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

免債事項

このサイトの著作権は当サイトの管理人ジェイエスシー(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。